『今という瞬間』


混ざった新芽と落ち葉を溶かした夕陽が

チャイルドシートに乗せた君の横顔に優しく射し込む

僕は

その眩い笑顔をバックミラー越しに見つめながら

ハンドルを軽く握る

「今日は公園楽しかったねえ。」

「次は何処にいこうか。」

そんな会話を二人で交わし合いながら

リズムを刻むようにアクセルを軽く踏み込む

何気ない瞬間

でも

大切な大切な瞬間

はたして

これから大人になっていく君は

こんなさりげない瞬間でも覚えているのであろうか。

いや

別に覚えてなくてもいいんだ

こんな瞬間を共有出来たという事実を僕自身が覚えていれば

でも

僕は君の未来に

どんなささやかな瞬間でもいい

君と歩んだ記憶を残してあげたい

そう

今のように車ごと二人を包み込んでいるこの夕陽のような

優しい記憶を

君の心が満ち溢れるくらいに

IMG_01920