『お風呂時間旅行』


娘と二人でお風呂

お風呂用クレヨンと共に、僕らは時間旅行に出る

空にはたくさんの風船が浮かび、
手にはポップコーン、

僕らは、
七色の虹を滑りおり、
ふわふわの雲をつきぬけ、
一両編成のクレヨン列車に飛び乗る

さあ、風呂場一杯に広がる様々な世界へ出発だ

お花が一面に広がる世界

浮き上がった数字達が歩き回っている世界

虫がうじゃうじゃいる世界

いろいろな色に満ちあふれた世界

お菓子が一杯の世界

ぼくらは、クレヨンがすり減っていくのも気にせず
ただただ、娘の頭の中に敷かれたレールを辿って行く

ケラケラと二人で笑いながら

のぼせるのも忘れて

クレヨン列車は何処までも進んで行くんだ

でも、突然旅の終わりは訪れる

扉越しに聞こえてくる「いつまで入っているの!!」という怒り声

僕らの今日の時間旅行は、その瞬間に終わるんだ

そしたら、お湯をかけて、今日辿って来た軌跡を洗い流しお片づけ

「明日は、どこへ行こうか?」

「ナ・イ・ショ」

そんな言葉を交わしながら

僕らはきっと

明日もお風呂時間旅行に旅立つことだろう

かけがえのない時間を求めて

IMG_94100