アーティストリンクより 水絵 ーいろのことばー 那須 陽子展


現在、レンタルギャラリー『WHO』で展示されている水絵 ーいろのことばー 那須 陽子展について迫ってみたいと思います。
一見、紙質によってはパステル画のようにも見える水絵。
那須さんにいろいろとお話を聞いてみました。
水絵とはどういうものなのでしょうか?
「紙を濡らした状態で描く水彩画です。日本では昔から水彩画のことを水絵と言っていたそうです。」
いろことばについて
「初めて水絵を教わった時に、描くにあたって必要なことは色が発する言葉、すなわち、色からのメッセージを受け取ることと教えられました。なので、現在も色が伝えてくるエネルギーや感情を聞き自分の心情とリンクさせて描くようにしています。」
那須さんの描くテーマについて
「日々の偶然と必然から興味を持った題材を見つけて描いています。」
今回の作品展の見所
「今回、絵に言葉を付けるという新しい試みをやってみました。絵と言葉はいわば、心と心が繋がるようなものだと思います。ぜひ、色とふれあい、水絵の世界を楽しんでください。」
まるで、異空間に迷い込んだかのような不思議で温かい色の世界。あなたも色と対話してみませんか?
水絵 ーいろのことばー 那須 陽子展
2013年1月5日〜10日(木)
AM10:00〜PM18:00 平日は AM11:00〜PM18:00
530273_326238244159151_268270851_n